リフォーム補助金の理解を深めるサイト

どんな制度があるの?

中古住宅を活用する制度

増加した空き家を活用するために、優良な中古住宅のリフォームを支援する事業があります。
その支援を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

まず、耐震性を備えたエコな家にリフォームにすることが第一です。
また、リフォームする家には自分が住まなければ制度が適用されません。
では、どのようなリフォームが補助金の対象になるのでしょうか。
一つ目に、窓などの開口部や外壁、屋根もしくは天井、床の断熱改修工事が挙げられます。
それに加え、節水機能のあるトイレや、太陽光パネル、節湯水栓の設置等、設備のエコ改修も必須です。
これらの基本的な条件をおさえれば、他のエコ住宅設備やバリアフリーの工事も補助金を受けられる対象となるようです。

バリアフリー住宅について

介護認定で要介護1~5と判断された人の住宅は、一定の条件のもと補助金の申請をすることができます。
これは、バリアフリー住宅へのリフォーム支援制度です。
この制度も、介護認定を受けた本人がその家に住まなくては適用されません。
保険を利用することによって、工事にかかる費用最大20万円のうち、9割が負担してもらえます。
リフォームの内容としては、床の段差をなくす、手すりを設置する、和式から洋式トイレへ改修する等があります。

バリアフリーのリフォームに関する補助金は、国の保険制度だけでなく、多くの地方の自治体においても支援しているところがあるようです。
一度、住んでいる地域の市長村窓口で確認してみるとよいでしょう。



この記事をシェアする