リフォーム補助金の理解を深めるサイト

リフォームで家を長く大切に

国の支援を受ける

国がリフォームの補助金を出す目的は、古い家の耐久性を上げ、できるだけ長く住んでもらうことです。
近年の日本は、少子高齢化に伴う人口減少が問題視されています。
昔より人口が減ってきているということは、既存の家が余っているということです。
古くなったからと言って家を取り壊したり、新しい家を建てるのではなく、今ある家を使い続けることが国から望まれているのです。
リフォームをすれば、古い家を無駄にすることはありません。
また、一から家を建てることに比べれば、必要な資材も少なくて済みます。
古い家が新しく生まれ変わることは、環境にも優しいと言えます。
エコや耐震性等を意識してリフォームするほど、適用される補助金は増えるようです。

地域の補助制度

各地域の自治体がリフォームの補助金を出す理由は、その地域の経済活性化を目的としています。
地域から補助金を出すのだから、リフォーム作業等はその地域だけで行うものでなくてはなりません。
つまり、地元のリフォーム業者でなければ補助金の利用が認められないということです。
受けられる住宅リフォーム補助金の規定や条件は各自治体によって異なるので、ホームページ等で確認してみましょう。

新しく家を建てるとなると、費用面の不安からなかなか決められるものではありません。
しかし、地域に後押ししてもらえるのであれば、もう少し気軽に考えられるのではないでしょうか。
家も綺麗になって地元に貢献できるのであれば、気持ちがいいですね。


この記事をシェアする